タップして閉じる

こだわり

日本外装の現場レポート

鉄部塗装(集合ポスト)

施工箇所の確認

施工箇所の確認

屋内に設置されていたのですが湿気や結露の影響か、うっすら錆が出ていました。このポストは南京錠付けて施錠するタイプで取り付け部分がステンレス製でしたが、蝶番部分は鉄製だったので蝶番部分は塗装することになります。

ケレン・清掃

ケレン・清掃

南京錠取り付け部分にマスキングテープで養生をしますが、その前に一工程…。

ステンレス等でできた本来塗装しない部分が前回の業者さんが付けてしまった塗料等で汚れていたりします。その塗料等をこの段階できれいに清掃しておきます。

清掃しないまま施工するとマスキングテープを上手く貼り付けられなくなり、隙間ができて塗料がにじみ汚してしまう危険性が高くなるほか、古く枯れた塗料は落ちづらく塗装後の清掃時に塗ったばかりの塗装面を傷めてしまう事が多くなります。

マスキングテープを貼り付けしっかりケレンしていきます。

記事URL
カテゴリー

側溝の清掃

施工箇所の確認

施工箇所の確認

 

とても細かいことですが側溝の清掃です。今回の施工範囲対象外だったのですが、現場内・周辺の清掃はいつもしているので書いてみました。

側溝は砂や土が溜まりやすく溜まると水の流れが悪くなりさらに砂・土を溜めて…と悪循環くり返してしまいます。この側溝もかなり砂・土が溜まっていました。

砂・土の撤去

砂・土の撤去

まずは固まってしまった砂等を皮スキ等で細かく砕きながら取り除きます。左側の緑のテープはマスカーといってガムテープとビニールが合体したもので、ふだんは塗料等の付着・飛散防止養生等に使用しています。今回は塵取りに変わりました。

記事URL
カテゴリー

RCのビス痕の補修

施工箇所の確認

施工箇所の確認

分かりにくいですが、ここはRC造の工場内天井です。天井に何かを設置していたようで使用していないビス穴等がいくつかありました。取り外した時に周囲の塗膜も剥がれてしまったみたいです。…眺めていると補修したくなってきたので直してみることにしました。

ビス穴・パテ補修

ビス穴・パテ補修

施工後結露等の影響で補修箇所が痛むのが嫌だったので、念のため外部用のパテを使用しました。

この吹き付けのパターンは細かい下吹きと大きなパターン吹きの2層になっているので下吹き層に合わせ補修し、パターンの周りに付いてしまったパテも後で段差等が目立ってしまうので刷毛等で丁寧に取り除きます。この時補修箇所との境目にも細工をしておきます。

記事URL
カテゴリー

錆転換

施工箇所の確認

施工箇所の確認

錆の進行状況を確認します。この建物もかなり錆が進行していました。鉄錆のほとんどは赤錆と呼ばれるもので、この赤錆は放置すればするほど錆自身が新たに錆びるために必要な水分・分子を貯えたり、凹凸ができることにより錆びる面積が増大され進行速度が加速していきます。この鉄部も部分的に錆で鉄の厚みが薄くなっていたので放置していれば、いずれ穴が開いてしまったでしょう。

ケレン(ケレン棒等)

ケレン(ケレン棒等)

ケレンとは、いわゆる錆落としのことで電動工具で行うケレンと手作業で行うケレンがあります。今回は手ケレンの仕様だったのでまずケレン棒等(先端に焼入れされた金属が付いた工具)で周囲の塗膜・錆片をガリガリ落としていきます。ここで気を付けたいのは必ず錆周囲の塗膜は錆びていない部分まで剥がす事。隠れている錆の見落としやケレン不足を起こしやすく錆の再発を促進させてしまいます。塗装後しばらくして錆びていた場所の周辺が膨れてくるのは、この一手間を加えなかったことが原因の可能性が高いです。

記事URL
カテゴリー

鉄部塗装小物(非常ベル)

施工箇所の確認

施工箇所の確認

今回は非常ベルの塗装です。状態は酷いとは言えませんが、全体的にチョーキング(紫外線劣化によって塗膜表面に顔料物質等が浮き出で来ること)し、スピーカー部とベル部に錆が薄っすら出ています。

塗膜を触って白い粉が手に付くようならチョーキングしている可能性が高いです。紫外線当てないのが一番良いのですが、不可能な場合が多いです。

それ以外でチョーキングを防ぐには

  1. 対候性に優れ対候年数の長い塗料を使用する。
  2. 対候年数を超えないよう定期的に塗装をする。

等があります。

また、錆を防ぐには

  1. 定期的なメンテナンスまたは塗装をする。
  2. 錆びた部分はしっかりとケレンしてから塗装する。

等があります。錆びの場合は物によってはケレンが困難だったり、できなかったりする場合があるので、錆びる前または初期段階でのメンテナンス・塗装をお勧めします。

ケレン

ケレン

 

軽度の錆なのでサンドペーパー等で丁寧に落としていきます。錆びは比較的角から発生することが多いですが、これは塗装の際角に塗膜が付きづらい事が理由の一つです。このタイプの非常ベルはスピーカー部の穴がほとんど角になるため錆が発生しやすく、しかも小さい穴の中のケレンがとても困難になります。

記事URL
カテゴリー

Uカット補修

補修箇所の確認

補修箇所の確認

クラックの幅をスケール等で計測し、補修工法を選択します。この建物はクラック幅0.3㍉以上あったのでUカット補修を選択します。

弊社の仕様ではクラックの幅が

  1. 0.2㍉以下の場合・・ヘアクラック(0.1~0.5㍉程度のクラック)と呼ばれるものなので、補修用フィラー等を擦り込んだり、低圧注入等で補修しま す。
  2. 0.2㍉以上の場合・・クラックを充填材で塞ぎ低圧注入やU型のダイヤモンドカッター等でクラック切って補修するUカット工法で補修します。
P3260822

カット部分の確認

他社さんも0.2~0.5の間で基準を決めてるみたいですね。

防塵メガネ・マスクを装着し、専用工具で削っていきます。この時とても視界が悪くなり、細いクラックを見つけるのが困難になってしまい見落とし等が起こることがあるので、前もってクラックに沿って目印を書いておきます。

記事URL
カテゴリー

外壁爆裂補修(リシン)

爆裂箇所の確認

爆裂箇所の確認

爆裂の起きている範囲を確認します。補修箇所の大きさ・範囲等で施工方法が変わります。この建物は一般的なサイズなので通常の爆裂補修になります。

浮き部分の撤去・ケレン・清掃

浮き部分の撤去・ケレン・清掃

浮き部分を完全に撤去し、鉄筋部分にケレン・全体を清掃していきます。その後鉄筋に錆止め等を塗装しますが、私たちが補修に使用しているエポキシ系樹脂モルタルのプライマーには、錆止め効果もあるので錆止め塗料は必要ありません。

記事URL
カテゴリー

軒天上の補修・塗装

下地の確認

下地の確認

軒天井の板等の状態を確認し、腐食等がある場合は交換します。この軒天に腐食はありませんでしたが、ビス穴や軒天材の納まりが悪かったので補修します。

補修の工程前にケレン・清掃・不要部分の除去等をしておきます。

厚付け用樹脂パテ補修

厚付け用樹脂パテ補修

補修箇所の材質・深さ等で使用するパテを選択します。適切な材料を選ばなければひび割れ・剥落の原因になってしまいます。今回は補修箇所の深さが1㍉~2㍉程あったので厚付け用パテで下補修を行います。

記事URL
カテゴリー

換気口のシール

既存シーリング材撤去

既存シーリング材撤去

既存のシーリング材をカッターナイフ等で撤去します。シーリング材には相性があるので、事前に撤去した既存シーリング材を検査して特定しておきます。

特定が終了したらその部位に求められてる条件・シーリング材の相性等を考慮して打ち替えるシーリング材を決定しておきます。

テープ養生・プライマー塗布

テープ養生・プライマー塗布

シーリング材の厚み・仕上りを考慮し、適当な場所にマスキングテープで養生しておきます。

ほとんどのシーリング材はプライマーの依存性が高く、異種プライマーや塗り残しによる接着不良が起こりやすいので、打ち替えるシーリング材の専用プライマーを塗り残しの無いよう、しっかりと塗布していきます。

プライマーの目的としては

  1. 被着体とシーリング材の接着性の付与・向上
  2. 多 孔質物質等(ALC等)の表面に被覆する事により接着面積多くし、被着体内部からの接着阻害因子(水・アルカリ等)の浸出防止
  3. 脆弱な被着体の表面強化
  4. 可 塑剤(物質の硬度を変化させる為の添加剤)を含む被着体からの可塑剤などの移行防止

等があります。

記事URL
カテゴリー

金属製天井の塗装

材質・腐食の確認

材質・腐食の確認

金属製天井の多くは比較的軽量なアルミ製で、耐食性の良い陽極酸化皮膜処理がされている物をよく見かけます。しかし年数とともに腐食していきます。金属の種類で選択する塗料も変わるのでよく確認します。

腐食部分の除去及びケレン・清掃

腐食部分の除去及びケレン・清掃

全体的にサンドペーパーなどでケレン、油脂分等は塗料の付着性が悪くなるので、溶剤等でしっかり拭き取ります。特に私が気になるのは腐食部分の除去です。ただ除去するだけで塗装すると腐食痕が目立ち美観性が悪くなりがちです。塗装後になるべく痕が目立たないよう、丁寧に除去していきます。

錆止め塗料下塗り

錆止め塗料下塗り

通常の塗装ではケレンが終わると一気に気持ちが楽になります。経験の浅い子にはまだ地獄は続くみたいですが・・・。しかしこのタイプの天井は、私達にとっても地獄のようです。まず最初に刷毛等でローラーが入らない所を塗っていくダメ込みという作業を行い、最後にローラーを使って塗装して終了が通常ですが、これはダメ込みが多く全部塗りきる前に塗料が乾き、その部分が段差になり美観性が悪くなります。吹き付ければ良いと言う声がありますが、溝の部分にしっかりと塗膜をつけるとなると選択できません。結局、塗膜と美観性重視で考えると欲張らず、地道に3スパン程度を目に沿って行ったり来たりしながら塗るしかありません。

中塗り(上塗り塗料1回目)

中塗り(上塗り塗料1回目)

錆止め塗装後にしっかりオープンタイムをとり塗膜形成させた後、気をつけながらも出来てしまった錆止めの段差を探しサンドペーパー等で平滑に削り落とし、中塗りに入ります。中塗りも錆止め同様に欲張らず、地道に塗装していきます。その努力を積み重ねていくと艶が均等に出て美観性も良くなります。真ん中に映っている人影が私たちです。

上塗り(上塗り塗料2回目)

上塗り(上塗り塗料2回目)

中塗り後にしっかりオープンタイムをとり塗膜形成をさせた後、またまた段差やホコリ等を探しては削り・・・上塗りに入っていきます。これで最終的仕上がりになるので天候等にも注意し、特に風の強い日や後に雨が降る日などは、ホコリだらけになったり、艶が無くなったりするので避けます。

自主検査・清掃

自主検査・清掃

養生シート等を除去し、清掃後仕上がり状態・硬化状態を目視・指触にて確認します。特に溝部分に見落としが無いか入念にチェックします。

記事URL
カテゴリー

ご相談・見積無料!
お気軽に
お問い合わせください。

0120-773-007
9:00~20:00 / 土・日・祝日も営業
メールでのお問い合わせはこちら