タップして閉じる

こだわり

日本外装の現場レポート

鉛ドレン

施工箇所の確認

施工箇所を確認し、ストレーナー等を取り外し清掃しておきます。

ドレンまわりも漏水の原因なることが多い場所です。

通常ドレンに集まった雨水は中に設置されている塩ビパイプを通り下に流れていきますが、躯体とパイプの隙間やパイプ内にできた亀裂等から漏水することがあります。

鉛ドレンには防水層とパイプ内結び弱点となる部分を跳び越す架け橋のような役割があります。

鉛ドレンの確認

防水上重要なポイントの1つにもなるので、発注した改修用鉛ドレンに不具合が無いかよく確認します。

ドレンパイプの確認

ドレンパイプの向き・長さを確認します。

鉛ドレンのホースはドレンパイプが下向きに落ちた先まで挿し込まないと意味がありません。

一般的なタイプはそのまま下向きになるタイプで施工もしやすいのですが、写真のパイプのように一度横向きなって下に落ちるタイプがあります。

このタイプが厄介で横向きのパイプが長いほど難因度が上がってきます。

ホース長さの確認

通常サイズの鉛ドレンのホースでは下向きになるどころかパイプの途中で止まってしまいます。

このままだとパイプ内にゴミが溜まったり、逆勾配だったとき等に雨水がホースとパイプの間を通り戻ってきてしまうので長いホースに差し替えます。

延長ホースの加工

別売りの長いホースをパイプに合わせ切り口を丁寧に切断します。

延長ホース差し替え

延長ホースを差し替え金属製バンドとシーリング材等で固定・防水処理をして充分硬化させます。

鉛ドレン設置

鉛ドレンを挿し込みます。ホースはパイプの内径より数㎜小さいだけなので容易には入らなく、かなりコツのいる作業です。

ホースの挿入・確認

ホースがしっかり入っているか確認の為パイプの一部を切ります。

しっかり入れたつもりでも切ってみると高い確率で入っていません。

エルボの部分で大体つっかえてます。

径の小さいサイズを入れる人もいますが排水効率が落ちるのであまりお勧めできません。というのも小さいサイズを使用しても切って確認すると‥‥やっぱり綺麗に入っていないことが多いです。

どうせ切って確認するなら多少ギリギリでも入れられるので問題ありません。

鉛ドレンの加工

厚い木板とハンマーで鉛を叩いて形を整えていきます。

その後シーリング材を充填して固定します。

補強布の裁断

補強布を裁断します。

ウレタン塗布1層目

ノンサグタイプのウレタンを塗布します。

ウレタン塗布2層目・仕上げ

2層目のノンサグタイプのウレタンを塗布します。

2層目が硬化した後、仕上げにレベリングタイプのウレタンを塗布します。このときウレタンがドレンホースに流れ込まないように気を付けます。

トップコート・仕上がりの確認

トップコート塗布後、ストレーナーキャップを取り付けます。

その後問題が無ければ終了です。

記事URL

トップライト周りの防水

施工箇所の確認

下地の状態をよく確認します。

クラック・膨れ等は適切な処理で補修しておきます。

プライマー塗布・補強布の張り付け

プライマーを塗布し、補強布を裁断しておきます。

補強布の重ね幅を50㎜以上取りながら裁断していたら、かなり大掛かりになってしまいました。

ウレタン塗布立上り・トップライト(1層目、ノンサグタイプ)

裁断した補強布をノンサグタイプのウレタンで張り付けていきます。

ウレタン塗布立上り・トップライト(2層目、ノンサグタイプ)

1層目が硬化した後、ノンサグタイプで2層目を塗布します。

今回は屋上にエアコン室外機が設置してあったので、防水工事専用の架台で持ち上げておきます。

ウレタン塗布平場(1層目、レベリングタイプ)

平場にレベリングタイプのウレタンを塗布していきます。

ウレタン塗布全体(平場2層目、立上り等3層目レベリングタイプ)

平場の1層目が硬化した後、全体にレベリングタイプを塗布していきます。

トップコート・仕上がりの確認

ウレタン硬化後トップコートを塗布し、問題がなければ終了です。

記事URL
カテゴリー

ウレタン防水(通気緩衝工法)

施工箇所の確認

施工箇所の確認

下地の状態をよく確認します。脆弱部分はしっかり取り除いておきます。

高圧洗浄

高圧洗浄

高圧洗浄機でコケ・泥等をしっかり洗い流していきます。

乾燥養生

乾燥養生

洗浄後は下地の含水率が高くなっているので施工可能になるまで充分乾燥養生します。

下地調整

下地調整

清掃後、カチオン樹脂モルタルで下地調整を行います。

通気緩衝シート張り付け

通気緩衝シート張り付け

通気緩衝シート(絶縁シート)を張り付け、突き付け部分はジョイントテープで繋ぎ合わせます。

ウレタン塗布(1回目)

ウレタン塗布(1回目)

全体にウレタンを塗布していきます。

ウレタン塗布(2回目)

ウレタン塗布(2回目)

1層目硬化後2層目を塗布します。

トップコート、仕上がりの確認

トップコート、仕上がりの確認

全体にトップコートを塗布し、問題が無ければ終了です。

 

記事URL
カテゴリー

金属部ウレタン防水

金属部ウレタン防水01

施工箇所の確認

下地の状態をよく確認します。

この建物は金属パネルが床面にビス止めされているだけで、さらにその隙間には少量のシーリング材で防水されていました。

雨水の流れる床面にシーリング防水だけではかなり不安なので、パネルを一度取り床の防水を行ってからパネルを戻そうとしましたが・・・取れない。奥を覗いてみるとなぜか一つの団子状の塊り(接着剤?)が着いていたのでパネル撤去を諦めパネルを巻き込む事にしました。

パネルの動きが強ければ被さるウレタンゴムに負担がかかり、床との取り合い部分から疲労破断してしまう恐れもあるのでしっかり固定します。団子(接着剤?)とビスだけではパネルの動きが止められるか不安だったのでアンカーで固定し直しました。

パネル・床間の段差もなだらかにしておきます。

金属部ウレタン防水02

下地調整

カチオン系樹脂モルタルで下地調整をします。

金属部ウレタン防水03

プライマーの塗布

下地が充分乾燥した事を確認し、プライマーを塗布します。

吸い込みの少ない金属パネル等にはエポキシ系プライマー等を使用します。

金属部ウレタン防水04

ピンホール・目地等の処理

ピンホール(気泡等でできた小さな穴)等をシーリング材などで補修します。

シーリング材は成分の近いポリウレタン系シーリング材を使用します。

金属部ウレタン防水05

補強布の裁断

充分な厚みを確保するため補強布を使用します。

今回の仕様は壁パネル・床パネル(沓摺部)間の目地底までウレタンを突き付け、最後にシーリングで収める予定なので、パネル間のシーリング材を撤去し目地底まで補強布を入れます。

金属部ウレタン防水06

ウレタン塗布(ノンサグタイプ、立上り部1回目)

立上り部にノンサグタイプのウレタンを塗布します。

金属部ウレタン防水07

ウレタン塗布(ノンサグタイプ、立上り部2回目)

立上り部にノンサグタイプ2回目を塗布します。

材料をケチらずガンガン厚みを付けていきます。

金属部ウレタン防水08

ウレタン塗布(レベリングタイプ、立上り部3回目)

最後に平場の塗布2回目と同時に立上り部の仕上げを行います。

金属部ウレタン防水09

ウレタン仕上がり・膜厚の確認、トップコート

ウレタンが硬化した後、仕上がり・膜厚の確認をします。

問題が無ければトップコートを塗り残しの無いよう塗布します。

金属部ウレタン防水10

端末目地シーリング、仕上がりの確認

最後に端末のシーリング処理をします。

今回は防水性・意匠性を考慮し、大きく角度をつけ充填しました。

再度ウレタンの仕上がりを確認し、問題が無ければ終了です。

記事URL

排水ドレン処理(既存ドレンの場合)

排水ドレン処理01

施工箇所の確認

排水ドレンの状態を確認します。

今回は鉛ドレンを使わない仕様です。

排水ドレン処理02

ドレンカバー等の撤去

ドレンカバー等防水施工で邪魔になりやすい物を予め撤去します。

排水ドレン処理03

ケレン・清掃

付着した錆・ゴミ等を除去し、しっかりと清掃します。

錆が酷い物・形や設置位置の関係でケレンが充分にできない場合は次の錆転換を行います。

排水ドレン処理04

錆転換

錆の酷い場合は錆転換させます。

それ以外は通常エポキシ系錆止めを使用するかエポタールで塗装します。

排水ドレン処理05

シーリング処理

塩ビパイプとドレン・モルタル等の間には隙間ができやすく、その部分から漏水してしまう事が少なくありません。

鉛ドレン等を使用しない場合でもシーリング等で処理することで漏水の可能性が低くなります。

排水ドレン処理06

ドレンの塗装

エポタール等で塗装します。

 

排水ドレン処理07

仕上がりの確認

ドレンカバーを取り付け仕上がりの確認をします。

特に雨水の通り道になるので塗り残しには充分注意します。

問題が無ければ終了です。

記事URL

バルコニー内ウレタン防水

施工箇所の確認

施工箇所の確認

下地の状態をよく確認します。脆弱部分などがある場合は取り除いておきます。

下地調整

下地調整

カチオン系樹脂モルタルで下地調整をします。

乾燥養生

乾燥養生

全体にムラが無いよう塗布し、しっかりと乾燥させます。

プライマーの塗布

プライマーの塗布

下地が充分に乾燥してからプライマーを塗布します。

磁器タイルや金属等以外では、ほぼウレタン系プライマーを使用します。

ウレタン系プライマーは吸込みの多い下地に浸透し食込むのでモルタルやコンクリート等に良く適しています。

逆を言えば吸込みの少ないタイル・金属等には適さない事が多いので複数のプライマー使い分けることが必要になってきます。

ピンホール等の処理

ピンホール等の処理

ピンホール(気泡等でできた小さな穴)等をシーリング材などで補修します。

シーリング材は成分の近いポリウレタン系シーリング材を使用します。

補強布の裁断

補強布の裁断

立上り部に挿入する補強布を予め裁断しておきます。

補強布は立上り部から平場部分へ50㎜程被せ入り隅部にしっかり膜厚が付くようにします。

補強布を使用する理由は

  1. 立上りや傾斜面に使用すると塗布直後の防水材が補強布に保持されて垂れ下がりを防げること。
  2. 推定膜厚を目視で容易に確認できること。
  3. 出隅等の膜厚を確保するのに必要なこと。

あと下地ひび割れ追従性が入りそうですが日本建築学会の建築工事標準仕様書によれば3㎜厚での繰り返し疲労試験で補強布の有無による差異が無いそうです。

しかしながら補強布を使用しないと防水材が垂れ下がってしまい、ミリ単位の膜厚を確保することが困難になります。

ウレタン防水は強度的にも膜厚が重要になってくるので、そのことからも強度を確保する上で重要な工程だと言えます。

 

ウレタン塗布(ノンサグタイプ、立上り部1回目)

ウレタン塗布(ノンサグタイプ、立上り部1回目)

立上り部にノンサグタイプ(粘度が高く垂れ下がりにくい材料)のウレタンを塗布します。

このとき補強布を挟み込むようにウレタン→補強布→ウレタンの順で塗布し、膜厚を確保します。

因みにウレタンの膜厚は平場は平均3㎜、立上りは平均2㎜の膜厚さを確保するよう換算するという規定に従っています。

ウレタン塗布(ノンサグタイプ、立上り部2回目)

ウレタン塗布(ノンサグタイプ、立上り部2回目)

1回目のウレタンが硬化した後、立上り部にノンサグタイプウレタンの2回目を塗布します。

薄い部分ができないようしっかり膜厚を付けていきます。

ウレタン塗布(レべリングタイプ、平場部1回目)

ウレタン塗布(レべリングタイプ、平場部1回目)

床面にレベリングタイプ(比較的粘度が低く勾配に沿って広がる材料)のウレタンを塗布します。

溜りや薄い部分ができないよう均等に塗布します。

一口にウレタンと言ってもノンサグやレベリングのように用途に適した種類に分かれており、さらに季節(気温)に合わせ春秋用・夏用・冬用に分かれているので、それらを正しく使い分けることが重要になります。

ウレタン塗布(レベリングタイプ、平場部2回目・立上り部3回目)

ウレタン塗布(レベリングタイプ、平場部2回目・立上り部3回目)

全体にレベリングタイプウレタンを塗布します。

このとき立上り部にもノンサグタイプだけでは仕上がりが美しくないのと継ぎ目の無い防水層を1層作るためレベリングタイプを塗布します。

立上り部の方が塗布した回数は多いのですが、それでも膜厚は平場と同じか薄くなってしまうと言う事からも立上り部の膜厚確保が如何に困難なのかが分かります。

仕上げにコテを使用しましたが、道具等に付いた錆がウレタンゴムの中に入ってしまうと科学的に悪影響を及ぼす可能性があるとの事なので全てステンレス製を使用しています。

ウレタンの仕上がり・膜厚の確認

ウレタンの仕上がり・膜厚の確認

ウレタンが硬化した後、仕上がり・膜厚の確認をします。

問題が無ければ紫外線に弱いウレタンゴムを保護する為に保護用のトップコートを塗布します。

仕上がりの確認

仕上がりの確認

再度ウレタンの仕上がり確認します。

特にトップコートの塗り残し等には充分注意して、問題が無ければ終了です。

記事URL
カテゴリー

避難ハッチの交換

避難ハッチ 施工箇所の確認

施工箇所の確認

交換するハッチを確認し、床面の勾配や下の階との間隔を計測します。
特に勾配は各バルコニーで違っているのでその場所に合ったハッチを工場で作ってもらう必要があります。

避難ハッチ 既存ハッチの撤去

既存ハッチの撤去

上下の蓋と梯子を取り外します。下の階に錆等が落ちるのでしっかり養生もしておきます。

記事URL
カテゴリー

長尺シート(ジョイント)

施工箇所の確認

施工箇所の確認

張り付けた長尺シートのジョイント部分を専用の機械で溶接していきます。長尺シートのパターンがズレていないか、しっかりと張り付いているかを確認します。

ジョイント部の面取り

ジョイント部の面取り

ジョイント部の角を面取りします。分かり辛いですが写真は面取り後です。面取りすることにより溶接の面積を広くし、接着力・防水性能を向上させています。

記事URL

長尺シート

施工箇所の確認

施工箇所の確認

床の状態をしっかり確認します。今回は床に防塵塗料が施工されていたので接着試験を行い、合格だったので長尺シートを施工することができました。

側溝部・巾木ウレタン防水

側溝部・巾木ウレタン防水

納まりの関係上側溝部等に長尺シートが張れないので、シートとも相性の良いウレタン防水を予め側溝部等に施工します。床に目地等がある場合は、モルタル等で埋め戻しておきます。

記事URL

木部塗装(ステイン系)

施工箇所の確認

施工箇所の確認

木部の状態を確認します。亀裂や劣化・汚れ等は無かったので普通に染料を塗装していきます。

研磨・清掃

研磨・清掃

サンドペーパー等で必ずドアの木目に沿って研磨していきます。
研磨が終わったら圧縮空気等で丁寧に清掃していきます。

記事URL
カテゴリー

ご相談・見積無料!
お気軽に
お問い合わせください。

0120-773-007
9:00~20:00 / 土・日・祝日も営業
メールでのお問い合わせはこちら