日本外装の現場レポート

アルミ笠木の下の防水

施工箇所の確認

施工箇所の確認をします。

この建物はS造で外壁にはALC、パラペットにはアルミの笠木が取り付けてあります。S造では比較的多いタイプだと言えます。

笠木の撤去

笠木を取り外すと大きなクラックとモルタルの充填不足が見つかりました。

実は普段は隠れている場所のこういった施工の不備は珍しくなく、僕らにとっては
「はぁ~またあった。」という心境です。

こういった不備・不具合の原因は、施工業者の意識・技能の低さにあります。それらを見逃さないよう隠れた場所も確認することが重要になっていきます。

シーリング処理

シーリング処理

プライマー塗布後、シーリング材を充填していきます。

このような場所では充填するシーリング材の材質・量によっては、過剰な応力が発生してシーリング材の破断・ALCの破損が起こってしまう恐れがあるので、それらを考慮して使用するシーリング材の種類を決定します。

ウレタン塗布

ウレタン塗布

パラペットのウレタン防水と一緒に塗布します。

外壁塗装

外壁塗装

ウレタン防水の工程が終了した後、外壁塗装の工程で塗膜をつけていきます。

笠木の復旧・仕上がりの確認

笠木の復旧・仕上がりの確認

最後に笠木を取り付けて問題がなければ終了です。

ご相談・見積無料!
お気軽に
お問い合わせください。

0120-773-007
9:00~20:00 / 土・日・祝日も営業
メールでのお問い合わせはこちら