日本外装の現場レポート

排水ドレン処理(既存ドレンの場合)

排水ドレン処理01

施工箇所の確認

排水ドレンの状態を確認します。

今回は鉛ドレンを使わない仕様です。

排水ドレン処理02

ドレンカバー等の撤去

ドレンカバー等防水施工で邪魔になりやすい物を予め撤去します。

排水ドレン処理03

ケレン・清掃

付着した錆・ゴミ等を除去し、しっかりと清掃します。

錆が酷い物・形や設置位置の関係でケレンが充分にできない場合は次の錆転換を行います。

排水ドレン処理04

錆転換

錆の酷い場合は錆転換させます。

それ以外は通常エポキシ系錆止めを使用するかエポタールで塗装します。

排水ドレン処理05

シーリング処理

塩ビパイプとドレン・モルタル等の間には隙間ができやすく、その部分から漏水してしまう事が少なくありません。

鉛ドレン等を使用しない場合でもシーリング等で処理することで漏水の可能性が低くなります。

排水ドレン処理06

ドレンの塗装

エポタール等で塗装します。

 

排水ドレン処理07

仕上がりの確認

ドレンカバーを取り付け仕上がりの確認をします。

特に雨水の通り道になるので塗り残しには充分注意します。

問題が無ければ終了です。

ご相談・見積無料!
お気軽に
お問い合わせください。

0120-773-007
9:00~20:00 / 土・日・祝日も営業
メールでのお問い合わせはこちら