日本外装の現場レポート

長尺シート

施工箇所の確認

施工箇所の確認

床の状態をしっかり確認します。今回は床に防塵塗料が施工されていたので接着試験を行い、合格だったので長尺シートを施工することができました。

側溝部・巾木ウレタン防水

側溝部・巾木ウレタン防水

納まりの関係上側溝部等に長尺シートが張れないので、シートとも相性の良いウレタン防水を予め側溝部等に施工します。床に目地等がある場合は、モルタル等で埋め戻しておきます。

シートの裁断

シートの裁断

 

実際張る部分に合わせながらシートを裁断していきます。ジョイントの出る場合はシートの模様がズレたりしないよう合わせながら裁断していきます。

シートの張り付け

シートの張り付け

 

床に合わせたシートを半分めくり上げ、専用の接着剤で張り付けていきます。この時接着剤塗布後すぐに張り付けると接着剤が揮発するときのガス等でシートが膨れ上がってしまうので、適切なオープンタイムを空けます。

シートの圧着

シートの圧着

 

残り半分のシートを張り付け(時間によって半分ずつ)圧着用のローラーで加圧しながら張り付けていきます。

端部の圧着

端部の圧着

 

ローラーの入らない端部は端部用のローラーでしっかり圧着していきます。

清掃・端末シールの養生

清掃・端末シールの養生

接着剤が硬化しシートが完全に張り付いたのを確認・清掃し、端末シール用の養生をしていきます。

端末シール

端末シール

 

シートの端末にシーリング材を充填し、加圧しながらヘラで押さえていきます。シーリング材の色はシートの色に合わせたものがメーカーから販売されているので、合わせと物を使うと違和感も無くとても綺麗に仕上がります。

仕上りの確認・清掃

仕上りの確認・清掃

 

シーリング材の硬化後、シートの膨れ・汚れ等が無いか確認します。確認後、清掃し終了です。

ご相談・見積無料!
お気軽に
お問い合わせください。

0120-773-007
9:00~20:00 / 土・日・祝日も営業
メールでのお問い合わせはこちら