日本外装の現場レポート

鉄部塗装(集合ポスト)

施工箇所の確認

施工箇所の確認

屋内に設置されていたのですが湿気や結露の影響か、うっすら錆が出ていました。このポストは南京錠付けて施錠するタイプで取り付け部分がステンレス製でしたが、蝶番部分は鉄製だったので蝶番部分は塗装することになります。

ケレン・清掃

ケレン・清掃

南京錠取り付け部分にマスキングテープで養生をしますが、その前に一工程…。

ステンレス等でできた本来塗装しない部分が前回の業者さんが付けてしまった塗料等で汚れていたりします。その塗料等をこの段階できれいに清掃しておきます。

清掃しないまま施工するとマスキングテープを上手く貼り付けられなくなり、隙間ができて塗料がにじみ汚してしまう危険性が高くなるほか、古く枯れた塗料は落ちづらく塗装後の清掃時に塗ったばかりの塗装面を傷めてしまう事が多くなります。

マスキングテープを貼り付けしっかりケレンしていきます。

エポキシ樹脂錆止め塗装

エポキシ樹脂錆止め塗装

付着性の良いエポキシ樹脂の錆止めで丁寧に塗装していきます。特に蝶番は塗料が中に入り込まないように塗り、穴の部分は反対側に塗料が垂れないよう気を付けます。

中塗り

中塗り

指定された塗料で錆止め同様丁寧に塗装していきます。因みにポストの塗装期間中に届く郵便物等はどうなるのかと言うと臨時のポスト等を設置しますのでご安心ください。

上塗り・仕上りの確認

上塗り・仕上りの確認

上塗りも同様に塗装し、充分硬化させてから清掃等をし、確認していきます。特に蝶番の動きが悪くなっていないか、塗膜の分厚くなるので扉を開閉したときに他の部分と当たったりしないか等を確認します。

カテゴリー

ご相談・見積無料!
お気軽に
お問い合わせください。

0120-773-007
9:00~20:00 / 土・日・祝日も営業
メールでのお問い合わせはこちら