タップして閉じる

会社案内

日本外装 社長ブログ

大規模修繕工事をしても雨漏りが止まらない。


平成29年1月11日(水曜日)

2017年1発目の雨漏り調査です。
3年ほど前に一度ご相談を頂いたお客様なんですが、その時には残念ながらご縁をつなぐことが叶いませんでした。

簡単な経緯を説明すると、長らく雨漏りで困っておられて3年ほど前に当社にご相談を頂いたものの、いろいろ事情があって古くからお付き合いのある塗装屋さんで総合改修工事(防水、塗装、シーリングなどの外装全体を改修する、いわゆる大規模修繕工事)を実施することになり、結果的に当社とのご縁はつながらなかったというお客様です。

当社としては残念な結果ですが、仕方がないことです。
というよりも、そのようなケースは日常的にあることです。
お問い合わせや相談を頂いた全てのお客様とご縁がつながるわけではありませんから。
もちろん全てのお客様のお役に立ちたいとは思っていますが。

残念ながらご縁のなかったお客様。
それでも結果的に他社様の工事でお客様の雨漏りが解決するのであれば良いと思っています。
当社にとっては残念な結果でも、お客様にとっては結果オーライでハッピーですから。

しかし、結果的に雨漏りが解決しないことがあるのが現実です。
今回のように、数年後に再び声がかかるケースが後を絶たないのです。
全てのお客様が当社に再び声をかけてくださるワケではありませんので、正確な数字とか割合はわかりませんが、もしかしたら解決しないケースのほうが多いのかもしれません。
それぐらい、このようなケースが多いのです。

今回のお客様の場合、3年前に総合改修工事したにもかかわらず雨漏りが止まらなかったため、当然ながら施工業者である塗装屋さんに相談しました。
そして、これまでの3年の間、その塗装屋さんはいろいろ対応工事をしてくれたようです。
でも雨漏りを止められない。
何度見に来ても、何度修理をやっても、結局のところ雨漏りを止められないワケです。

こうなると何百万かけた総合改修工事の費用はいったい何だったのだろう?という話になります。
本当にお客様が気の毒でなりません。
でもまあ、アフターで対応してくれるだけマシな業者さんだとは思います。
たいていの業者さんはアフターなど真面目にやる気はないですから。
僕がこれまで見てきた限り、ほとんどの業者がのらりくらりと逃げまわり、ほとんどのお客様が泣き寝入りすることが多いです。

それでも、今回のお客様のように再び当社に声をかけてくだされば、私たちとしてできる限りのことはします。
もちろん3年前に大掛かりな総合改修工事はやったばかりなので、現時点で多額な費用がかかる大きな工事ができない(やりたくてもやれない)事情も充分に理解しています。
残念な思いをされたお客様に二度と残念な思いをさせないように、また、失われてしまった建設業界に対する信頼を再び取り戻すために、現時点からのベストな解決策を見出して、ご提案し、確実に雨漏りを解決します。

そんなワケで、まずは雨漏り調査からです。
雨漏りの原因とメカニズムを明確に把握してから、全ての経験知識を総動員して最適解をひねり出していきます。
そもそも原因がわからなければ解決できるはずがないのです。
道理です。
『できる限り予算をかけずに、ただし、確実に雨漏りを解決する!』
お役に立てるようベストを尽くします。

ではでは。

僕の著書です→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則/経済界

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はコチラ

興味がある方は是非読んで(聴いて)みてください。

記事URL

謹賀新年


平成29年1月1日(日曜日)

新年おめでとうございます

旧年中は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございました
佳き年を迎えられましたことと心よりお祝い申し上げます
本年も変わらぬご厚誼のほど宜しくお願い申し上げます

日本外装株式会社
代表取締役
唐鎌謙二

***************************************

昨年は激動の1年でした。
梅雨の繁忙期以降は、次から次へと舞い込んでくる仕事に忙殺される毎日でした。
仕事に追われ続ける日々の中で、この社長ブログも半年以上フリーズさせてしまいました。
ブログを書き始めて丸13年ですが、ここまで更新が滞ったのは初めての経験です。
これまではどんなに忙しくても2ヶ月以上滞ったことは無かったと思います。

誠にお恥ずかしい限りです。
心から反省している仕事始めの1月1日です。
気持ちを新たにして再開したいと思います。

2017年からはこのようなことがないよう仕事の配分を見直します。
そして、最低でも週に1記事ぐらい更新しようと思っています。
社長ブログを書き始めて14年めに突入します。
昨年、半年以上も滞ってしまいましたが、あらためてリスタートをし、まだまだ継続していこうと思います。

つたない文章ですが、少しでも世の中の役に立つ情報を発信できるよう努力してまいります。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

ではでは。

僕の著書です→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則/経済界

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はコチラ

興味がある方は是非読んで(聴いて)みてください。

記事URL

防水保護層の滞留水とコンクリート躯体の含水率。


平成28年6月13日(月曜日)

<写真1>は雨漏りハンターの一番弟子∪君が高性能水分計でコンクリート躯体を調査してるところです。

一番弟子指導中
<写真1>

結露とそれが原因と思われるカビの発生が尋常じゃない状態です。
構造的に結露しやすい建物ではあるんですが、だとしてもあまりにもひどい状況なので、何かしら根本的な問題があるのかもしれないと考えて、深掘り調査しているワケです。

赤外線カメラで撮影した下の<写真2>では何の有意差も発見できませんでした。

サーモ写真 <写真2>
ところが水分計で測ったコンクリート躯体の含水率で有意差を確認できました。
次の<写真3>の数値が19.5、その下の<写真4>は7.9となっています。

水分計上
<写真3>

水分計下
<写真4>

つまり、コンクリート壁の下のほうより上のほうが含水率が高いということです。
何らかの原因で上階から水分が降りてきている可能性があります。

この部屋は最上階ですので屋上からの雨漏り(浸水)を疑うことになります。
屋上は10年ほど前にウレタン密着工法で防水してありますが、既に防水としての機能は失っています。
ウレタン塗膜の下のコンクリート保護層には相当な量の滞留水があると考えられます。
この滞留水を素因とする水分や湿気が、笠木(同じようにウレタン塗膜を巻いてある)から裏(躯体側)にまわりこみ、壁伝いに浸水している仮説が成立します。

解決策として、屋上防水を更新すると共に、保護コンクリートの滞留水を除去する必要があります。
オーソドックスですが通気緩衝工法にして脱気筒を多めに設置する方向で考えます。
通気緩衝シートを敷く前にバキュームで滞留水を吸い上げたほうが良いかもしれません。
いずれにしても、まずは屋上の改修からですね。

結露と雨漏りの境界線にあるような事例でしたが、高性能水分計のおかげで解決の糸口が見つかりました。
プロとしての長年の経験や勘だけではなく、このような最新鋭の機器も有効に活用することが大切ですね。
いろんな意味でよい勉強になりました。

ではでは。

僕の著書です→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則/経済界

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はコチラ

興味がある方は是非読んで(聴いて)みてください。

記事URL

防水屋さんの糖質制限。


平成28年6月6日(月曜日)

今日のお昼ご飯は『いきなりステーキ』です。
【ワイルドコンボ300g&ブロッコリーチェンジ&ライスなし】。

ワイルドコンボ300g


ふとまわりに目を向けると、隣のテーブルの人も、そして真向かいのテーブルの二人も、ブロッコリーチェンジ&ライスなしでオーダーしてます。
おそらく、というか間違いなく糖質制限の実践者と思われます。

糖質制限の広がりをヒシヒシと感じますね。
きっと、あと数年もすれば完全に市民権を得るんじゃないかと思います。
とは言え、多数派になることはないのでしょうが。

個人的には糖質制限をやって本当に良かったと思っています。
先日の記事にも書きましたが、健康診断の数値はほぼ完璧ですし、花粉症は改善したし、その他のアレルギーっぽい症状も全て消えたし、何より体調が万全です。
糖質制限を始めてから風邪も引いてません。

血糖値が上下しないので、精神的にも安定している感じです。
何かにイライラしたり、誰かにカチンとくることが全くなくなりました。
今のところいいことずくめです。
よほどのことが無い限り、続けていこうと思っています。

ではでは。

僕の著書です→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則/経済界

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はコチラ

興味がある方は是非読んで(聴いて)みてください。

記事URL

雨漏り診断士を育てること。


平成28年6月3日(金曜日)

明日はNPO法人雨漏り診断士協会の仕事です。
東京八重洲ホールにて【第22回雨漏り診断士資格認定試験】を実施します。
全国から80名を超える受験者が集まってきます。

10年前の第1回目の試験から、ずっと講師を務めてきましたが、今回から第5講義(雨漏りの実例・実務)をK理事にバトンタッチしたことで、22回目の開催にして初めて講師の任務から解放されました。
ホッとしたというか感慨深いというか。
こうやってバトンを渡せる人がいること自体が嬉しいですし、仕事を引き継ぐことは組織としての成長でもあります。
小さな一歩かもしれませんが、次のステージへの確実なステップです。

そんなワケで、明日は裏方として運営、及び試験官に徹しようとます。
受験者の皆さん頑張ってください!
一人でも多く合格するよう願っています。

おそらく今回の22回試験によって全国の雨漏り診断士が600名(延べ)を超えると思います。
わずか5人で始めた活動が10年で600名・・・・・・・・
すごい数になってきました。
責任重大です。

数も大事ですが質も大事ですので、今後は雨漏り診断士を輩出すること以上に、既存の雨漏り診断士のレベルアップに力を注いでいこうと思います。
頑張ります。

ではでは。

僕の著書です→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則/経済界

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はコチラ

興味がある方は是非読んで(聴いて)みてください。

記事URL

雨漏り110番中部地区ミーティングと名古屋メシ。


平成28年5月25日(水曜日)

雨漏り110番グループ中部地区ミーティングに参加するため1泊2日で名古屋に行ってきました。
せっかくの名古屋、久しぶりの名古屋でしたので【名古屋メシ】を堪能しようと思っていたのですが、まさにベタな【名古屋メシ】三昧の2日間でした。

まずは新幹線で到着後の昼食が『矢場とん』の鉄板とんかつ。
定番の味噌カツですが、やっぱり本家は美味かったです。
味噌カツ、味噌煮込みうどん、名古屋と言えばやっぱり味噌ですね。

ミーティング後の食事は『世界の山ちゃん』です。
名古屋で居酒屋と言ったらやっぱり世界の山ちゃんでしょう。
名物の幻の手羽先最高です。(何が幻なのかは意味不明ですが・笑)
安くて美味しくて店員さんの対応も感じが良かったです。
大満足でした。

そして、翌日の朝食は『コメダ珈琲店』にて小倉トースト。
普段は朝食は食べないのですがせっかく名古屋に来たので特別です。
美味しかったけど、ちょっと重かった。

そんなワケで、定番の【名古屋メシ】を堪能した1泊2日でした。
が、帰りの新幹線の中で、よくよく考えてみたら、矢場とんも山ちゃんもコメダもチェーン店で、3店とも東京にもお店があるんですよね。
わざわざ名古屋で食べなくても良かったような気が。(笑)

そんなワケで、雨漏り110番グループ中部地区ミーティングは無事に終わりました。
非常に内容の濃いミーティングとなりました。
心強い仲間たちがいるので中部地区も安心して任せられそうです。
またいつか名古屋メシ食べに行こうと思います。

ではでは。

僕の著書です→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則/経済界

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はコチラ

興味がある方は是非読んで(聴いて)みてください。

記事URL

全ては自分の問題。


平成28年5月20日(木曜日)

自分の人生に起きるあらゆる出来事は全て自分の問題だと思って生きています。
社員や取引先のミスが原因によるトラブルは当然のこと、避けようの無いアクシデントや、一方的に誤解されてしまったり、言いがかりみたいな攻撃を受けたり、自分の努力だけでは回避できそうにない出来事も、全てを自分の問題(課題ではない)だと思って受け入れています。

そんなことを言うと『そんなに全てを一人で背負い込まなくても・・・・・・・・』的な心配をされることもありますが、実は全く逆の話で、全てを自分の問題として受け止めることは自由になることなのです。
全てを受け入れることで自由を手に入れているのです。

身の回りに起きる全てを自分の問題だと認識し、その前提で生きることは、何があっても絶対に【人のせい】にしないと覚悟することです。
【人のせい】にしないと覚悟し、自分の人生の中から【人のせい】を一切排除することで、他人への依存から開放され、同時に他人の課題から開放され、人生の全てを自分自身の手に取り戻せるのです。
それこそが本当の意味で自由になるということだと確信しています。

人に『ストレスは全くないし、落ち込んだり悩んだりすることはない』などと話すと、奇異な目で見られたり、あるいは全く信じてもらえなかったりしますが、他人への依存や他人の課題から開放されて本当の意味で自由になれれば、悩みやストレスとは全く無縁になることに誰しも気づくことでしょう。
アドラーも言っています。
『人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである』と。

全てを受け入れることは、自分の課題以外を手放すことでもあります。
全てを自分の問題だと思うことで、自分の人生を自分の手に取り戻すことができるのです。

ではでは。

僕の著書です→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則/経済界

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はコチラ

興味がある方は是非読んで(聴いて)みてください。

記事URL

防水屋も健康第一です。


平成28年5月13日(金曜日)

先月受けた健康診断の結果が送られてきました。
今年の2月に糖質制限生活を始めたワケですが、糖質制限開始後初めての健康診断となります。
結果は、50歳にして、これまでの人生の中で一番良いものでした。

去年(前回)までは『(3)要経過観察』が毎年必ず2~3項目ありました。
それが今年はは、なんとゼロでした。

『(2)要注意』という(気をつけましょう的な)判定が2項目ありましたが、いずれも正常値に限りなく近い数値でした。
ほぼ誤差の範囲というか、おそらく個人差の範囲内だと思われます。

今回の健康診断の結果だけで『糖質制限は身体に良い』と断言するつもりはありません。
ただ、少なくとも糖質制限が身体に悪いとか、糖質制限が健康を害するってことは無い、と言っても良さそうです。
まあ、5年先、10年先はどうなるかわからない部分もありますので、あくまでも途中経過としては良好ということです。

一つだけ不思議だったのは血糖値が若干高めだったことです。(正常値の範囲ですが)
単純に考えれば、糖質を減らしてるワケだから血糖値は低くなるはずなんですがね。
逆に糖新生が活発化して血糖値が上がるとか、そういう現象があり得るんだろうか?と考えたりしています。

いずれにしても今日もすこぶる快調です。
まったくもって健康そのものです。
引き続き頑張ります。

ではでは。

僕の著書です→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則/経済界

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はコチラ

興味がある方は是非読んで(聴いて)みてください。

記事URL

課題の分離。


平成28年5月11日(水曜日)

もともとストレスが少ないタイプの人間でしたが、50歳をこえた今は、ほぼノンストレスな日々を送っています。
生来の超がつくほどポジティブな性格に加えて、いわゆるアドラーが言うところの『課題の分離』がしっかりとできるようになったことが大きいと思っています。

20数年前に経営者になって以降、『過去と他人は変えられない』ことを悟り、『自分と未来を変えること』だけに焦点を合わせて生きてきました。
他人や何かに対して腹を立てたり、怒りを覚えることがないように努めてきました。
もちろん負の感情が全くゼロということではありません。
怒りや憤りを感じてしまった時は、気にしないように自分に言い聞かせたり、負の感情そのものを打ち消したり、あるいは押さえつけたり、自制心を総動員してコントロールしてきました。

ですが、アドラーを読んで『課題の分離』という言葉を知ったことで、負の感情そのものを手放すことができるようになりました。
怒りや憤りなどの負の感情を感じることがほとんどなくなったのです。
自分の課題とそれ以外をしっかり分けることができるようになったからです。
課題を整理し、課題を分離したことで、心理的な自由を手に入れることができたと思います。

もともと感覚的にはわかっていたことだし、それなりに実践できていた部分もあるのですが、『課題の分離』という言葉(概念)を示されたことで、すっきりと明確になったのです。
やっぱり言葉って大事なんだなあ、としみじみと思います。

ではでは。

僕の著書です→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則/経済界

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はコチラ

興味がある方は是非読んで(聴いて)みてください。

記事URL

結果にコミットする防水工事屋さんを目指します。


平成28年5月8日(日曜日)

RIZAP監修の結果にコミットするチーズケーキです。

DSC_0002

RIZAPなんかに高い金払ってたまるかよ!と、マイザップ(自力)で15kg以上の減量を成し遂げた僕ですが、このRIZAPチーズケーキに関してはとても高く評価しています。
この美味しさで糖質10g以下はアッパレだと思います。

それはそうとして、この際、ダイエットについてハッキリと書いておきます。
RIZAPなんかに行かずとも、カロリー制限や、無理に食事の量を減らしたりしなくとも、ましてやジョギングやウォーキングなどの辛い運動をせずとも、ただただ普段の食事から糖質(炭水化物)を減らすだけで、誰でも簡単に、かつ健康的に痩せることができます。
これは断言しても良いです。

糖質制限についてはまだまだ誤解されている部分が多いですが、僕が自分自身の身体で人体実験した経験から言えば、健康上は何の問題もありません。
それどころか、花粉症などのアレルギー体質が改善したり、抜け毛が全くなくなるとか、目覚めが良くなるなど、今のところ逆にメリットしかないぐらいです。

そういう意味ではRIZAPは正しいのだと思います。
RIZAPのテレビCMが流れ始めた最初の頃は、ぶっちゃけ胡散臭いと思っていました。
というか、もろに胡散臭かった。(笑)
まあ、実際に商売としてはブラックに近いグレーな部分はあるんだろうとは思います。

でも、ダイエットの手法としては、おそらく完璧に近いと思います。
ビリーズブートキャンプ、ロングブレスダイエット、その他、星の数ほど様々なダイエットがあったけど、間違いなく糖質制限が最終形でしょう。
あと数年もすれば糖質制限は常識になり、不毛なダイエット論争に終止符が打たれると思います。

糖質制限(RIZAP)は、ちゃんとやりさえすれば、ほぼ100%結果にコミットするでしょう。
そもそも現代人の肥満の原因が糖質の過剰摂取なんだから、当たり前過ぎるほど当たり前の話なんですけどね。

糖質制限すれば健康を損ねると批判する医師もいますが、RIZAP前の森永卓郎さんとRIZAP後の森永卓郎さん、どちらが健康なのかは言うまでもないでしょう。

RIZAP森永卓郎さん

一目瞭然です。

『糖質制限みたいな極端なことまでして痩せたいとは思わない』的な反論もありますが、そもそも人は何のためにモノを食べるのか?と。
少なくとも僕自身は食べるために生きているワケではなく、生きるために食べる必要があるのであって、自分自身がプロフェッショナルとして、より良いパフォーマンスを発揮するために、ベストなエネルギー補給をしたいと考えています。
良い仕事をするために良い食事を摂るという意識です。
まあ、だったらそもそもチーズケーキ要らんだろう、とツッコまれたら返す言葉はありませんが。(苦笑)

糖質制限によって体脂肪率8%の身体になり、体調はすこぶる良いです。
脳ミソの回転も良い気がします。(思い込みかもしれませんが・笑)
おかげで、この一年、病気をすることもなく休まず働けています。
興味がある方はぜひ調べてみてください。
賛否両論ありますが、僕自身の人体実験ではメリットしかありません。

ではでは。

僕の著書です→『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則/経済界

音声でもお聴きいただけます。→オーディオブック版はコチラ

興味がある方は是非読んで(聴いて)みてください。

記事URL

ご相談・見積無料!
お気軽に
お問い合わせください。

0120-773-007
9:00~20:00 / 土・日・祝日も営業
メールでのお問い合わせはこちら